50歳を過ぎての包茎に悩む青森県のじいじTOP

50歳を過ぎてから包茎発症

+++---+++

年を取ると体中のあらゆるところがたるんでくるのでしょうか?実は、この年で包茎になってしまい、とても困惑しています。顔の皮がたるんだり腹が出てきたりというのは、周りの同年代も同じような状態になっているのが確認できるので、ある程度は仕方が無いとあきらめがつきます。しかし、あの部分だけは他人の物がどうなっているか確認がとれません。おかげで1人悩む事になりました。 もちろん、トイレで隣を覗いてみたこともあります。あまりじっと見ると不審がられるのでチラッとだけですが、思っていたより見えなくて、どうなっているかは確認できませんでした。温泉に入ったときも、脱衣所や洗い場で他人の股間を観察しようとしました。しかし、メガネを外すとあまりよく見えないので、結局何もわからずじまいです。なので、もしかしたら、こんな年になってかぶってしまったのは私くらいのものなのではないかと心配になりました。


しかし、インターネットで調べてみたら、年を取ってくると包茎になってしまうというのは珍しいことではないということがわかりました。一瞬ホッとしましたが、同時に介護などの時に恥ずかしい思いをすると言うことも知ってしまいました。そのため、60代、70代で包茎治療をする人がたくさんいるそうです。私も将来のために治療しておきたいと思うようになりました。

地元青森県の自慢

+++---+++

地元の自慢と言えば、やはり「三内丸山古墳」でしょう。縄文時代の遺跡としては日本最大級ですし、貴重な資料もたくさん展示されていて、かなり見応えがあります。それなのに、入場料も駐車料金も無料なので、どのように維持しているのか不思議に思えるくらいです。お金をかけずに楽しめるので、よそからの親戚や友人を連れて行くには持ってこいのところだと思います。 見てきて「つまらなかった」と言う人の話をよくよく聞いてみたら、みんな歴史に詳しくないのに単独で施設を回って、ただ広い施設内をハイキングのように歩いて終わりになってしまっていたということがわかりました。なので、歴史に詳しい人や何度も訪れている人以外はガイド付きで回った方がよいと思います。


ガイドもボランティアなので無料です。ほぼ1時間に1回の割合でエントランスホールからガイドツアーが出発しています。事前に予約していなくても参加できます。ゴールデンウィークや夏休みのように人が多い時は、ガイドツアーも30分くらいおきに出ていたと思うので、ガイド付きで回るのがおすすめです。 縄文時代の道具や土器などを作る体験もできます。たしか小学校3年生以上が対象で、事前に電話予約が必要だったと思います。でも、こちらも参加費は無料です。他に縄文食材のレストランもあるので、時間をかけてゆっくり回るとよいと思います。

高齢の包茎治療

+++---+++

50を超えてから包茎になってしまったので、とても困惑しています。まさか自分が包茎の手術を考えるようになるとは思ってもみませんでした。しかも、この年になってからの包茎です。女性の相手をしなくても済むだろうという年になってからの包茎なので、たぶん自分自身のことでなかったら「なんでそんな年なのに包茎の手術をしようなんて思うんだ?」と笑っていたと思います。しかし、自分の身にこのような事が起こって初めてわかったことがありました。男はいくつになっても男なのです。男性のシンボルが情けない状態になっていては気持ちが萎えてしまうのです。


場所が場所なので、手術をしてもらう医者は慎重に選ぼうと思いました。近所の泌尿器科でも手術は受けられるようですが、緊急性のある病的な包茎でもない限り保険が効かないみたいです。それならわざわざ近所で恥ずかしい思いをする必要はないと思ったので、包茎専門の医者で受けようと考えました。 それが、先日札幌まで行くか、仙台まで行くかと迷いながらインターネットで調べていたら、何と東京にある有名な包茎治療専門クリニックが、もうすぐ青森にも治療院を開院させるという話が引っかかってきました。本田ヒルズタワークリニックというところです。 本田ヒルズタワークリニックは全国的に有名なクリニックですし、そこの院長は個人で日本一の治療実績を持っているという話です。これ以上安心できるところは他にないだろうと思いました。


まだ開院前ですが、私が見つけたサイトには連絡先の電話番号が載っていました。そこで、すぐに問い合わせの電話を入れてみました。たぶん、東京の治療院にでもかかったのではないかと思います。受付は男性でした。自分の症状について話をしてみると、私のような状況はそれほど珍しい例ではなく、高齢の人もたくさん治療しに来ているという話でした。安心しました。それに、そこの院長の腕であれば皮を切ったりしなくても治療できる可能性が高いとも言われました。そこのクリニックでは切らない治療が主流だと言うのです。それを聞いて、もう何も迷いは無くなりました。その電話でカウンセリングの予約を取りました。


まだ、開院前なので、どのように治ったなどと言う話がここでできないのが残念です。でも、これ以上ないだろうというというほど腕のよい医者が、わざわざ青森まで来て治療してくれるというので、本当にありがたい事だと思います。日本一予約が取りにくいと言われている先生だそうなので、まだ開院前で予約が少ない時に予約が取れて本当にラッキーでした。

本田ヒルズ 青森院について

+++---+++

本田ヒルズ 青森院

総院長:本田昌毅
電話: 0120-84-0836


高齢男性の包茎治療はこちらから